夜勤看護師で悩んでも一人で抱え込まない。人に相談する。

更新日:

ネット情報は信頼しすぎない。匿名性なので情報がデタラメ。

ネット情報は正しいとは限らない。そしてネガティブな情報が多い。

ヤフー知恵袋やグー質問箱にある質問や回答は信用しすぎない。

よく仕事に悩んだ時、「仕事 やめたい」「転職 おすすめ 看護師」とかで検索していました。笑

他にも「看護師 転職 口コミ」とかでも検索していくと、私が検索していた当時はヤフー知恵袋やグー質問箱がヒットして、よく自分と同じ内容で悩んでいる人がいないか探していましたね。

 

ネットでは、そんな仕事はすぐに辞めるべき、自分には自分にあった仕事がある、と背中を押すものから、今の不況の時に仕事をやめても悪くなるだけ、辞めるのは逃げだ、という足を引っ張る意見まで様々なものがあります。

一番大事なのが、そういったヤフー知恵袋やグー質問箱の意見には耳を傾けないこと。無視すること。

 

本当に悩んでいる時は辞めるべきか、辞めないべきかかなり迷うと思います。

そういった悩んでいる時に、ヤフー知恵袋やグー質問箱を読んでも自分の中での決断にはなりません。

さらには、ネットの情報は必ずしも正しくないです。

嘘かどうかもわからない。そんな情報が多く散らばっているのです。

 

間違っている情報に踊らされるのは時間の無駄ですよね。

せめて口コミなどを見るのであれば、信頼できるサイトを見るようにしましょう。

 

ネット掲示板は愚痴が多く負の感情のたまり場である。

ネット掲示板で有名なのは2chですね。

2chまとめ記事を読んだ人はいるかと思いますが、あれは本当に面白い。笑

でも、まとめられていない2chにあるスレッドには負の感情が詰まっています。

 

仕事に行きたくない、上司がうっとうしい、そういったストレスももちろんあります。

中には過剰な発言をしているネット住民もいますよね。殺人予告までして逮捕されるとか。

 

匿名性が高いネット場では愚痴を言いやすいため、負の感情が爆発しやすいです。

それって転職で悩んでいる私たちにとっては何も良いことはないですよね。

転職しようか悩んでいるのに、上司を突き飛ばせば良い、とか絶対不可能なことかかれてもできるわけないですし。笑

 

ポジティブな意見が少なく、気持ちが滅入り前向きになれない。

ネットで負の意見は簡単に見つけらます。というか、見てしまいます。

だからこそ、転職で悩み始めた時は、どんどん負のオーラをまとってしまいます。

悩んでいる中で、ネットの負の感情が襲ってくるのですから。

 

ポジティブな意見のあるサイトは数少ないとは思いますが、転職を考える中でネット情報を集めるのであれば、必ずポジティブな意見を発信している情報も見つけましょうね。

転生はマイナスだけではありません。必ず転職の良いところはありますので。

 

情報ツールとしてのネットは活用すべき。

自分の思っている看護師の世界は想像以上に大きい。

つらつらと、ネット情報は悪だーというように捉えられかねないことを書きましたが、もちろん転職情報を集めるという目的ではネットは活用すべきです。

今の看護師で夜勤が辛い。他の仕事に変わらないと夜勤ない仕事はないのかなぁ、と思ってしまえば、私は今の美容クリニックという仕事には巡り合わなかったでしょう。

 

看護師の中でも病院で働く以外でも様々あります。私のように美容クリニックもありますし、介護施設で働くという方法もあります。

意外と看護師という人を助ける仕事は幅広く求められています。

 

看護師はこういう仕事である、と一つの先入観だけに固執をしないように気をつけましょう。

 

ただし、隣の芝は青く見えるので、先入観には注意。

ただし、自分とは違う職種は楽そうに「見えてしまう」ことを心にとめておきましょう。

誰もが自分の仕事は一番しんどい、あの仕事は楽そうなのに。と考えてしまいます。

 

そんなわけありませんよね。楽な仕事なんかない。

 

楽な仕事はありませんが、極端にしんどい仕事はあるべきではありません。

特に私にとって夜勤はしんどすぎる仕事でした。人生プランも一度崩壊していますからね。笑

 

どの仕事にもつらい部分はある。それも自分が想像している以上に。

それは心にとめておかないと、転職しても失敗したと感じてしまうので要注意です。

 

誰に相談すべきか。同業種(看護師)か、家族か、第三者か。

同業種(看護師)との相談は意味がない。

ただの愚痴の言い合いで終わっていまい、解決にならない。

よくやりがちなのが、ストレス発散目的で同期とお酒を飲みにいくこと。

別に、飲みにいくことが悪いと言っているわけではありませんよ。

 

ストレスを発散するだけに飲みに行っても、何も意味ありませんよね。

ただ愚痴を言い合って終わり。

それだったら、合コンや大学の友人など仕事と関係のない人と飲みに行った方がはるかにいいです。

 

看護師と話しても、「どこもしんどいよね、看護師は」で終わります。

相談という名の愚痴の言い合いにしかなりません。

 

ただお金と時間が減るだけで、生産的な話にならない。

目的がパーっと遊びに行く、思いっきり飲む、というのであれば楽しい飲み会です。

でも、相談目的で行ってもお金と時間を減らすだけで意味がありません。

結局、今の仕事ってつらいけど変われないよね、、、と転職する意欲すらなくなってしまいます。

 

相談する相手も看護師を辞めたいと思っていた場合、私に看護師を先に辞められたくない。だから、看護師のままいてもらいたい。

そんな心理的側面も浮かび上がります。良いことは本当にないですよ。

 

相談のみなら家族もあり。でも、人生の決断がからむときはオススメしない。

親は相談にのってくれる。でも、最後はブレーキを踏まれる。

自分の人生をどうしていくか。本当に迷った時、親に相談する人もいるかと思います。

もちろん、親は我が子の悩みを真剣に聞いてくれるでしょう。

でも、転職ということを実行するまで促してくれる親はあまりいません。

 

だって、我が子には失敗してほしくないと思っている。

今のまま仕事をしていれば少なくとも生きていけるし、飢え死にすることはない。

 

そんなちょっとでも危険なことがあると、あれやこれやと言い訳をつけて止めてきます。

もし、後押しをしてくれる親であれば感謝しましょうね。

親にストップをかけられるほど、自分の転職したいという気持ちにブレーキをかけることはありませんから。

 

恋人は心から自分のことは心配しない。

もし、相談するのが恋人であれば、良くも悪くも本音ではどっちでもいいのです。

それが結婚を意識している段階であれば真剣に聞いているでしょう。

でも、そんな関係でなけれが、頭ごなしでリスクがあるから辞めた方がいいよ、もしくはやってみれば? みたいな軽いノリで終わります。

 

自分の恋人がどうなろうが、自分の人生には影響ないですからね。

その人と結婚するとも限らないし、もしかしたらその時点で恋は冷めているかもしれない。

 

私が同棲していた時も、私の状況をきちんと見てくれていたら、転職や仕事を辞めることを進めてもよかったはずです。

もし、本気で結婚することを考えていたらね。

 

ただし配偶者(旦那)やこともがいる場合は相談すべき。

ただ、旦那や子供がいる場合は真剣に話し合いましょう。

だって、生活費という面で大きな壁があるからです。

 

自分はなぜ辞めたいのか。辞めないことによるリスク。辞めて転職することによるメリット。今後を考えた時の決断。

旦那や子供を説得、納得させることができて初めて、転職することができるのです。

逆に、生半可に中途半端に転職したいと思っても、できませんし失敗します。

なぜ、辞めたいのか。なぜ、その仕事を始めたいのか。

しっかりと考えましょう。

自分を全く知らない第三者(転職サイトなど)に相談が一番良い。

転職サイトは真剣に相談にのってくれる。

当たり前といえば当たり前ですね。笑

相手はそれが仕事ですから。笑

 

でも、仕事だからこそ、本気で自分のことを見てくれます。

私に合う看護師の仕事はないか、看護師でないとすればどんな仕事があるのか、他にも全く異なる異業種で合うものがないか。。。

これでもかってぐらい紹介してくれます。笑

 

逆に私が本当にやりたいこと、目指したい生活を考えさせられました。

ただ紹介してもらっているだけでは、何も進みません。

 

ただ担当者も仕事です。本気で転職を考えていなければ、紹介はされなくなります。

ちなみに、ネットでは見られない非公開求人を知りたいだけの場合は、わざと無視されるのもありかもしれませんね。

転職先にどのようなものがあるのか知りたくて登録しましたので、必要な場合は声をこちらからかけます、という感じで。

転職サイトに登録しておくと、いざという時に連絡できる相手や担当者ができるので、今すぐ必要というわけでなくても、登録しておくべきです。

 

自分の過去を知らないので先入観がなく、今の自分にあったアドバイスがもらえる。

転職サイトの担当者のような第三者が良い理由は、自分のことを深く知らないからです。

小さい頃から知っている友達や親は、あなたはこういう性格だから辞めた方がいい、こっちの方が向いている、といらないアドバイスをもらいます。

いわゆる過去の私からして、こうだろうという決めつけですね。

 

でも、第三者であれば昔の私を知りません。今の私しか知りません。だからこそ、「今の私」に必要な情報やアドバイスがもらえます。

昔の私と今の私はもちろん変わらない部分があると思います。性格とか考え方ですね。

でも、今夜勤で苦しんでいて彼氏とも別れたばかり、という状況は今の私であり、その状況を脱するには過去の私の情報はそれほど重要でありません。

一番重要なのは今の私の状況をどうやって脱するか、ということです。

だからこそ、昔を知らない第三者、それも転職のプロの目線が一番魅力的なのです。

 

私は夜勤看護師を脱出するべく日勤のみの看護師への転職を決意した

私は夜勤のない看護師職はないと思っていました。

でも、調べたらあるんです。私は美容クリニックへの転職をしました。そこでは夜勤がないどころか、給料も少しですがアップしたのです。

もちろん、給料に関しては会社によるので必ず上がるとは言えません。

しかし、日勤の看護師であれば求人は多くあります。

そして、ナースフルであれば、有名なリクナビ系の看護師専門転職サイトなのでハズレはありません。

 

非公開求人も多数持っているので、まずは登録をして相談することをおすすめします。

本当にしんどくなったときは、転職サイトを見る余裕もないです(私が経験済み。笑)

余裕のあるときに登録して、どんな会社、働き先があるのかを見ておくと、いざ!というときにすぐに動けますよ!

 

ナースフル 公式HPへ

 

 

-未分類

Copyright© 看護師(ナース)の夜勤はきつい・つらいから転職を私は考えた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.