夜勤のない選択肢はあるのか。美容クリニックを転職先に決めた理由。

投稿日:

選んだ基準は夜勤なし。給料は多少低くても妥協する。

夜勤看護師の失敗から自分の生活リズムを重視する。

夜勤看護師は給料が高い。でも犠牲にするものも多い。

はっきり言います。看護師の給料は比較的高いです。

なぜなら、夜勤で給料が増えるから。

 

でも犠牲にするものは多かったです。

むしろ私の場合は給料以外の私生活は全て犠牲にしてきましたね。

それは今までの私のブログを見ていただけたらと思います。

 

働く上で、自由な時間を作ることが重要。

経験上、働く上で一番重要なことは自分の時間を作れるかどうかです。

仕事が大好き!であれば別に問題ないですが、基本的に仕事で1日が終わるのは嫌なはず。

 

私の夜勤を含む看護師の働き方も、一日中仕事をするというものではありませんでしたが、生活リズムが狂ってしまうので、休みの日も体がだるかったり、眠っていたりと、実質自分の自由な時間はないようなものでした。

自分の時間がなければ余裕が生まれません。

彼氏のことを思いやるなんてできません(経験談。笑)自分のことで精一杯です。

 

それがたとえ看護師として働いても、別の職種で働いても、この考えは重要視しています。

結局自分の時間がないのであれば、なんのために働いているのか、なんのためにお金を稼いでいるのかが、わからなくなりますからね。

 

 

自分だけではなく、将来のパートナーや子供との過ごし方を考えることも必要。

そして、最終的には自分のことだけでなく、将来の旦那さんや子どものことを考える必要があります。

一生独身であれば関係ないですが、私は結婚もしたいし、子供も欲しいですから。

 

だから自分の時間を作れなければ、旦那さんや子供との時間なんかつくれるはずがありません。

むしろ自分の時間を使って家族と過ごす、ということが必要ですからね。

 

今までの私みたいに、彼氏との時間を共有するのがめんどくさい、とか言ってられないですよ。笑

なんのために結婚するんだっていう。笑

 

夜勤看護師は給料は高い。でもお金を使うことでストレスを発散していた。

給料は夜勤手当もあるので高かった。でも、支出も多かった。

看護師をしていた中での楽しみで通帳を見ることが好きでした。

すごい、嫌な楽しみ方ですね。笑

 

看護師は給料が高いので、すごく優越感に浸れるのです。笑

だって、普通は20万いけば十分、30万を越えればすごいって感じです。

私はもちろん30万超えていましたよ。もちろん額面なので手取りではないですが、もう少し頑張れば手に届きます。

 

でも、意外と出費が多いのです。

ストレスのはけ口として散財してしまうからですね。。。

 

もし、アナタの周りに独身の看護師がいたら見てください。

意外とお金はたまっていませんから。

 

ストレス発散のためにお金を使っても良いことはない。

まさにその通り。ストレスのためにお金を使うことほど無駄なことではありません。

もちろん、洋服を買うのであれば手元に残るし、食事をしたとしても思い出として残ります。

 

でも、実際に残るのは「後悔」なんですよね。

なんで、こんなものを買ってしまったんだろう。なんであんな無駄な買い食いをしたのだろう。

いらないものが増えるのと同時に、無駄な贅肉も増えます。笑

 

結局お金もたまらないので、高給であっても意味ないですね。

 

お金は貯まらない。でもストレスだけは年をとるたびに増えていった。

さて、使いすぎてお金はたまらない。でも増え続けるものはあります。ストレスですね。

 

結局ストレスは発散してもたまるものです。

特に年をとるたびに夜勤はつらくなっていきます。

体が適応できなくなるのです。

 

中には夜勤をしていてもバリバリ元気な人もいますが、私には無理です。

どうしても私の生活スタイルには合いません。

 

ストレスはどこの職場にもあります。そして適度なストレスは人の成長を促します。

でも、いきすぎたストレスは人をダメにしてしまいます。

私の場合はダメになりましたね。笑

 

転職先を考える。2度目の転職サイト利用へ。

1度目の転職活動に調べたことが活きる。

私の職場がある程度良かったことはわかっていた。

私の病院は働く上である程度良いことはわかっていました。

しっかり夜勤手当も深夜手当もでる。だから給料も比較的高い。

 

人間関係も嫌になる程悪いというわけではありませんでした。

部下はかわいいし、上司は厳しいところもあるけれど、プライベートではとても優しくしてくれます。

お局は、、、難しいですね。笑

 

他の病院に行った友人と比べても比較的恵まれているな、とは思っていました。

 

一般的によく悩む給料と働き方の天秤。私は即答できる。

でも、その給料を捨ててでも転職することを決意しました。

給料か働き方か。

もちろん私は働き方を選びます。

なぜかはこれまでのブログに延々と書き続けています。笑

 

給料は多少少なくてもいい。

日勤で働けて、生活リズムがきちんとしていることの方が生きている上で大事です。

 

今いる職場でできることは全て試したつもりです。

食事の内容や睡眠を考えて行動する。夜勤をしながらでも、体調をよくすることはできるのか。

これも1回目の転職活動の際、担当者に今の職場でやれることだけやってみたら、という言葉がなければ、逃げるように転職していたと思います。

でも、今回は自分でできることをして、納得した上で転職をします。

だからこそ、給料は多少減っても大丈夫、という感覚がつきました。

 

自分の人生設計を再度考えてみた。

30歳までには結婚相手と出会い、結婚。子供も2人作って職場復帰をする。

それが今から10年以内に達成したいことです。

そこからはもちろん、子供の成人を迎えて、老後は夫婦でのんびりと、、、とはありますがね。笑

 

まずは、転職して何をしたいのか。目的がないと転職しても意味がありません。仕事がいやで転職しても、結局また転職先で嫌になって、転職失敗したー!って同じことを繰り返すのですから。

私の転職の目的は「生活リズム」がきちんと取れる仕事に就くこと。

 

ただ、これだけだと仕事の幅が大きすぎるので悩みました。

ふと、思ったのが私にアドバイスをくれた前回の転職サイト担当者に声をかけることでした。

 

前回の転職サイトの担当者に声をかけてみた。

前回の担当者が私のことを覚えていたかはわからなかったですが、一度どんな求人情報が今あるのかを聞きたく、連絡を取ってみました。

どうやら私のことは少し覚えていてくれていたみたいです。

かなりの人数を担当していると思うのに、よく覚えていますね。社交辞令だったのかもしれませんが。笑

 

今の職場でできることはやって、納得した上で転職活動を再開したいことを相談しました。

担当者もそれでは、ということで私に合いそうな案件を用意してくれるとのことです。

「生活リズム」が取れる仕事。こんなアバウトな欲求でどんな仕事が紹介されるかはわかりませんでしたね。

 

美容クリニックという働き方への出会い。

病院とは異なり、夜勤はない。

数日経って、担当者の方からこんな案件はどうですかーというものが何社かメールで送られてきました。

私が看護師ということだけあって、医療や看護関係の求人が多かったのを覚えています。

医療事務、受付事務、介護ヘルパー、、、

 

もともと看護師のため一般企業のような求人は紹介されませんでしたね。

ただ、その中で気になった求人が、、、最終的に私が転職することになった「美容クリニック」という求人でした。

 

担当者に聞くと、どうやら看護師からの転職先として人気があるみたいです。

私も個人的にネットなどで調べることにしました。

 

美容クリニックへの転職のメリットは最新美容医療のことを知ることができること。

美容クリニックに転職するメリット調べていると以下の通りでした。

・日勤のみで残業は少なめ

・給料が比較的高い

・社員割引で美容医療が受けられる

・接客スキルがつく

 

まず、私が着目したのは、日勤のみで残業は少なめということ。

私が求めていた転職先の条件に合います。そして、美容業界では注射など医療行為を多少行うので看護師経験ある人は有利だそうです。

そりゃ、毎日注射打っていますからね。注射ならまかせない。笑

 

そして意外に思ったのは給料が比較的高いということ。

これは調べていると病院と美容クリニックとの違いがわかってきますね。

 

病院は患者の病気を直すために行う医療校であるため、健康保険が適用されます。でも、必要で医療行為の危険性もあるため看護師の給料水準は高いです。

美容クリニックは患者ではなくお客様として来店されます。つまり元気な人が自分をより美しくしたい人。そして、美容クリニックでの医療行為は自由診療になるため、美容クリニック側で自由に料金を設定できます。

つまり、評判の良い美容クリニックは儲かることができ、従業員へも還元しやすいのです。

 

だからこそ、看護師のような夜勤がなくても給料が高いと言われるのです。

 

美容クリニックへの転職のデメリットは病院の看護師として戻りづらくなるということ。

よく思いがちな美容クリニックへの転職ですが、もちろんデメリットもあります。

・美容クリニックによっては、営業ノルマやクレーム対応がある

・土日祝日は休めないことが多い

・医療スキルは低下して、病院への再就職には戻りづらい

 

病院で働いていてもクレームはあると思いますが、営業ノルマはありません。

どうしても美容クリニックは一つの会社であるため利益が必要です。

営業ノルマが重いと気持ちに余裕がなくなったり、別の悩みも出でくるので、そういったノルマがあるかどうかは、あらかじめ調べておく必要があります。

 

また、よく言われるのが一度美容クリニックに行くと、病院ではもう働けない、ということです。

どうしても病院とは異なり、美容クリニックでは医療行為をすることはほとんどなく、だんだんと作業を忘れていきます。

中途半端にしか覚えていない中途採用の看護師と、今から吸収できる新入社員の看護師。どちらが良いかは明らかですね。

でも、私は病院の看護師に戻るつもりはないので関係ないですが。笑

 

転職サイトの担当者と何度か面談・相談をする。そして美容クリニック業界へ。

希望の勤務体制や勤務地、希望の働き方を伝える。

私は美容クリニックへの業界に転職することを決めました。

その上で、どの美容クリニックへの転職をするのか、という問題です。

 

美容クリニックは人気なので、すぐに求人の募集がなくなってしまします。

しかし、そこは転職サイトです。担当者と繋がっておけば、非公開求人も教えてくれます。

 

普通にネットを眺めるだけでは、良い求人情報は集まりません。

必ず転職サイトに登録すべきです。

ちなみに、転職サイトへの登録は2〜3こしておくべきですね。

転職サイトの担当者も当たり外れがあるので。。。

 

自分の強みや経歴を並べて履歴書対策や面接対策をしてくれる。

どの美容クリニックへ求人を出すかを考えている間に、転職に必要な道具を揃えていきます。

まずは、履歴書ですね。初めて書いたのでどのように書くかわからなかったですが、転職サイトにも書き方は載っていますし、迷えば担当者に添削をお願いすれば大丈夫です。

あとは、自分の経歴ですね。

就職活動の時も書きましたが、これはあんまり変わらない。

大学卒業の後に、前職を付け足すだけですね。あとは、少しふけたことかな。笑

 

どにもかくにも、わからなければ担当者に相談すれば大丈夫です。

丁寧に教えてくれますし、志望動機はこのように書けばいい、などアドバイスももらえますからね。

 

履歴書の提出から面接の日程まで担当者におまかせ。

そして、履歴書を書き終えると、求人先に送ります。これも転職サイトの担当者に任せてOKです。

担当者が求人先とのパイプの役割になります。

そのため、書類選考に通ると面接になるのですが、日程も担当者経由で提案が来ます。

 

あとは自分で日程を決めて実際に面接に行くだけですね。

面接結果も担当者経由で聞きました。

結果に関しては求人先によっては直接連絡してくれるところもあるみたいですね。

 

いくつか受けて希望の中の一つの美容クリニックに転職が決まる。

思いの外、転職先の決定までぽんぽんと話が進みました。笑

あれだけ悩んでいたのはなんだったんだろうっていうぐらい。笑

 

んー本当に何だったんだろう。何年も苦しんで来た看護師。仕事も嫌になりプライベートも嫌になり、、、

もっと早く転職活動をすればよかった。

 

転職活動ってなんとなくダメなイメージを持っていたけれど、早めに行動しておけばよかったかな。

今回も1度目の転職活動がなければここまで、話は簡単に進まなかっただろうし、登録しておいてどんな仕事があるかを知ることは本当に重要に思いました。

 

ちなみにお祝い金ももらえる。

あと、ちなみにですが転職した場合、お祝い金をもらえることもあります。

これはもらえるサイトともらえないサイト、転職先によってもらえるかどうかも変わって来ますので、一概には言えませんが。

私もきちんともらいましたよ。

 

今回お世話になった転職サイトの担当者には頭が上がらないですね。

 

私は夜勤看護師を脱出するべく日勤のみの看護師への転職を決意した

私は夜勤のない看護師職はないと思っていました。

でも、調べたらあるんです。私は美容クリニックへの転職をしました。そこでは夜勤がないどころか、給料も少しですがアップしたのです。

もちろん、給料に関しては会社によるので必ず上がるとは言えません。

しかし、日勤の看護師であれば求人は多くあります。

そして、ナースフルであれば、有名なリクナビ系の看護師専門転職サイトなのでハズレはありません。

 

非公開求人も多数持っているので、まずは登録をして相談することをおすすめします。

本当にしんどくなったときは、転職サイトを見る余裕もないです(私が経験済み。笑)

余裕のあるときに登録して、どんな会社、働き先があるのかを見ておくと、いざ!というときにすぐに動けますよ!

 

ナースフル 公式HPへ

 

-未分類

Copyright© 看護師(ナース)の夜勤はきつい・つらいから転職を私は考えた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.