美容クリニック転職のリアル。給料や休みはどうなった?メリットとデメリットを考える。

更新日:

美容クリニックへ転職したメリット

美容クリニック業界は給料が比較的高い。

美容クリニックが行う美容医療は健康保険が適用されず自由診療が多い。

病院が行う医療は保険適用されます。そして、命を預かる仕事だからこそ、看護師の給料は比較的高めにされています。

もし、平均年収よりも低いのであれば、すぐに転職考えましょう。

アナタの看護師の仕事は命を預かる仕事。給料とリスクが釣り合わないです。

 

美容クリニックが行う処置は自由診療の枠になります。

つまり美容クリニック側で金額を設定できるというもの。

 

だからこそ、美容クリニックは病院よりも束縛が厳しくないので、稼げるクリニックと稼げないクリニックの差が激しくなります。

保険適用される病院の場合、金額を自前で設定できないですからね。

 

評判の良いクリニックは料金が多少高くてもお客様は来る。

美容クリニックは自由診療で金額を設定できる。

でも、お客様が来なければ売り上げはありません。この点は通常のお店同じ考えです。

評判が良いお店にはリピート客も増え、口コミにより拡散される。そして、お客様が多く来る。

 

だからこそ、評判の良いクリニックは多少料金が高くてもお客様はきます。

美容医療は失敗すると、元より悪くなることがほとんどなので、お客様にとっては絶対失敗したくありません。

だからこそ、安心安全と思える評判があるところにお金を出してでも行きたいのです。

 

利益が多いので従業員に還元しやすい。

積み上げた利益はそのままクリニックの利益になります。

人気のクリニックは特に給料という形で従業員へ還元します。

そして技術のある働き手がそのクリニックへ求職します。

クリニック全体の技術が上がります。

 

こんな簡単にはいきませんが、美容クリニックのからくりはこうです。

やはり病院とは異なり、自由診療という点が給料の高さを後押ししています。

 

クリニックによっては営業もありインセンティブが出ることもある。

これは好き嫌いが分かれると思います。

こんな簡単にいきませんが、

顔のシミで悩んでいる→一緒に顔のシワも取ってみませんか?

という形で追加で提案していくのです。

これでシワの美容医療も成約すれば収益は上がりますよね。

そしてインセンティブとして給料のボーナスがもらえる。

 

ただ、営業ノルマからのプレッシャに押しつぶされてしまう人もいます。

本当に必要だと思って提案するのであればいいのですが、クリニックによって営業ノルマがある場合もあります。

そのときはノルマに対するプレッシャーから必要がない方へもおすすめしてしまい、罪悪感を感じてしますのです。

クリニックによって営業があるかどうかはあらかじめ調べておいた方が無難ですね。

 

自分もキレイになれる。

社員割引で自分も美容医療をお得に受けることができる。

美容医療そのものにアナタも興味があるのであれば、自分で受けることもできます。

もちろん、社員ですので社員割引を使うことができます。

 

また、営業する人にとっては自分も美容医療をすることで、こんな風になるよってアピールできますよね。

自分もやっているからアナタもどうぞ。これほど強い営業ワードはないでしょう。

 

営業に興味がなくても美容に興味がない、という人はいないと思います。

私は気になっていあ部分だけ顔のシミ抜きをしました。

この業界を知らなければそのまま放置してコンプレックスのままだったと思います。

 

最新技術や知識を知ることができる。

美容医療というのは日々進化しています。

小顔整形とかワキガとかは知っていましたけど、美容点滴とかヒアルロン酸注入とか知らなかったですね。

 

私はそこまでやろうとは思いませんが、若返りや二重まぶたなど従来あった美容医療もより安全に、よりキレイに今はなっています。

そして、これからもどんどんよくなるでしょう。

 

最近男性美容の需要も増えてきているので、まだまだ美容業界は成長していくと思います。

 

ビジネスマナーや接客スキルが上がる。

あくまでも来店するのは患者ではなくお客様である。

病院に来るのは患者です。利益は関係なく患者の病気を治すことに全力を向けます。

クリニックに来るのはお客様です。お客様のキレイになりたい要望とクリニックの利益を考える必要があります。

 

病院に来るのは患者です。なんども来るのは喜ばれることではありません。

クリニックに来るのはお客様です。何度も足を運んで来てもらえるようにクリニックは努めなければなりません。

 

病院とクリニックでは扱い方が全く異なります。

そしてクリニックでは接客をしなければなりません。

世間では当たり前のことでも、病院でしか働いていなかった私にとっていかにビジネスマナーがなっていなかったのかは痛感しました。

 

患者目線は必要。でも営業も多少必要。

クリニックでも患者目線は必要です。病院と同様、困っているからクリニックに来ているのですから。

患者と同様、しっかりとお客様の希望をヒアリングしましょう。

ただ、それだけではクリニックでは勤まりません。

追加オプションをどんどんお客様に提案していくことが必要です。

 

もちろん営業が必須でなければ、必ず必要とは言いませんが、どうせなら営業技術も取得してしまった方が、今後また転職する、というときに役立つと思います。

 

美容クリニックへ転職したデメリット

お客様からのクレーム対応がある。

お肌など美容に関するクレームはデリケート。

看護師のときもクレーム、、、病室の不満とか八つ当たりとかありましたが、美容クリニックにももちろんクレームはあります。

 

多くは想像していたよりも効果がなかった、というクレームですね。

どうしても広告ではより効果を見せるため、写りの良い写真を使用しています。

それと比較して、効果がなかったと。。。

効果は人によって変わります、というような説明は必ず施術前に行うのですが、納得しない人もいます。

 

細かなところになると、スタッフの態度が悪い、トイレが汚いとかもありましたね。

中には言いがかりもありました。笑

 

人と接している限りクレームはつきものなので、気にはしないようにしましょう。

どの職業でもありますからね。

 

会社としてのきちんとした対応が必要。

クレームが面倒、、、とは言っても、会社としてしっかりと対応する必要があります。

もし、対応に不備があるとお客様の不満がたまるだけでなく、口コミなどで悪い噂が広がってしまいます。

 

どれだけ些細なクレームであっても、対応次第で納得してくれる場合と炎上する場合があります。

もし、クレーム内容にこちらの不備があると、会社としての信用性も落ちてしまいますから。

 

もし、自分で対応ができない、すべきでない内容であれば誠心誠意謝罪した上で、担当した医師やクリニック長へ速やかに相談しましょう。

 

病院で覚えてきた医療スキルが低下する。

美容クリニックでは医療行為や医療措置はほとんどない。

美容クリニックでは病院で働いていたような医療行為や医療措置はほとんどありません。

私が経験した中では注射ぐらいでしょうか。美容クリニックには美容注射というものがありますから。

 

だからこそ、もし今後病院の看護師として戻りたい、と考えているならば美容クリニックに働くべきではないかもしれません。

確実に患者と触れ合う上で必要な医療知識、処置、対応方法など忘れてしまします。

 

そもそも病院の医療行為というのは患者の悪い部分(マイナス)をいかにゼロにするか、ということ。

美容クリニックの医療行為はお客様のゼロもしくはコンプレックス(マイナス)をいかにプラスにするか、ということ。

ゼロに戻すのか、プラスによくするのか、というそもそも考え方の違いがありますから、施術ももちろん変わりますよね。

 

美容クリニックとしての勤続年数は臨床経験としてカウントされないこともある。

そもそも美容クリニックでの勤続年数は臨床経験としてカウントされないこともあります。

簡単に言えば、看護として働いていないということです。

 

よく転職サイトをみると、「臨床経験3年以上」というような条件に引っかかってしまう可能性があるということです。

私の場合、3年以上は元の病院で働いているので、今後転職した場合(するつもりありませんが)も問題ないとは思います。

もちろん、現場から離れているため、あまり良い評価ではないと思いますが。

 

もし、働き始めたばかりなのであれば、臨床経験としてカウントされるか、されなくても大丈夫か、ということは考えておきましょう。

 

クリニックによるが、土日は休めないことが多い。

お客様の休みは基本土日。稼ぎどきなので営業する。

クリニックは基本的にお客様がいないと利益が上がりません。

そのため、お客様が来店しやすい日に営業するのは当たり前ですね。

つまり、土日は通常営業しています。

 

これが病院の看護師と違うところですが、病院は年中無休空いていますので、看護師の仕事はシフトによって決められます。

そのため、休みの日は平日であったり休日であったりバラバラが多いですよね。

 

でも、クリニックは毎日営業しているというわけではなく、定休日であったり休みの日があることが多いです。

基本的にクリニック全体が休みを取り、その他の日は全員出勤というイメージですね。

だからこそ、クリニックで働いていると休みが固定の曜日になりがちで、土日が休みということが減るのです。

 

有名どころのクリニックでは年中無休で営業しているところもありますが、それは例外でしょう。

 

病院は夜勤があるので勤務日数は少ない。だから比較すると多く出勤しなければならない。と感じる。

厳密に言えば、病院はクリニックと比較して出勤回数が少なく感じる、が正しいかもしれません。

 

病院では夜勤が入るので不規則なシフトになります。

夜勤が挟むと夜勤後の日とその次の日がフリーになるので休みの日が多く感じるのです。

でも、実質睡眠を削って働いている(夜勤)のと変わりがないので、身体的には疲れるのですが。

 

そして、夜勤がある分給料が多いので、得した感じになるんですよね。

 

病院勤務と美容クリニック勤務の違い。

命に関わる患者やお客様がいるかどうか。

病院は処置を間違えると患者は死に至る。

病院において、看護師が扱う患者は命に関わることが多いです。

もちろん元気な患者もいますが、薬の量を間違えるとすぐに死なせてしまいます。

だからこそ、常に命を管理している、という自覚が必要です。

 

病院勤務における看護師は命を管理しているためプレッシャーが高いです。

夜勤になるとプレッシャーだけでなく、生活リズムの乱れや患者へのイライラでストレスがたまります。

それでもミスをすると当たり前ですが、私たちの責任になります。

それが病院看護師という仕事なのです。

 

美容クリニックはキレイになりたい、コンプレックスを治したい元気なお客様が来る。

美容クリニックにおいては命を管理することはほとんどないです。

基本的には自分の欠点やコンプレックスを治したいと思う元気なお客様が対象です。

例えばシミそばかすを消したい、小顔になりたい、脱毛したい、、、などたくさんありますが、どれも死にそうになりながら来るところではないですよね。

たまに、コンプレックスを強烈に意識して、死にそうな顔で来るお客様はいますが。笑

 

美容クリニックではもちろん夜勤もない。お客様のキレイをサポートするお仕事。

身体的にもしんどくなく、やりがいはありますよね。

 

医療知識がつくのは病院、美容知識がつくのはクリニック。働く上で考えておくべきこと。

今後看護師として病院に戻ることはありえるのか。

美容クリニックの良さが病院とは異なり目だったかもしれません。

ただし、全てが良いことだらけの仕事なんかありませんよね。

もちろん、美容クリニックで働くことのデメリットもあります。

 

デメリットは先ほど書きましたが、ただ一つ病院の看護師として戻る予定があるか、ということです。

病院に戻りたいの? と思う人もいるかもしれませんが、仕方なく病院で働けなくなる人もいます。

それは妊活であったり、幼い子供がいたりする場合です。

妊活であれば生活リズムを整えないといけないし、小さいお子さんがいるのであれば夜空けておくのは不安ですよね。

 

だから、一時的に日勤のみの仕事をしてまた戻ろうと考える人もいます。

そういう人には美容クリニックは臨床経験としてカウントされないことがあるのでおすすめしません。

もっとも、美容クリニックでの働き方を覚えてしまうと、病院に戻りたいとは思わなくなると思いますが。笑

 

病院の雰囲気は配属科による。クリニックは雰囲気が合うかどうかを確かめておく。

病院にもカラーがあるように、クリニックによって雰囲気は異なります。

和やかな空気をしたクリニックもあれば、なんかそっけないクリニックもあります。

もし、美容クリニックへの転職を考えるのであれば、必ず気になるクリニックは下見をしに行きましょう。

 

多くは受付の対応の仕方や待合室の空気感でわかると思います。

お客様として居心地が悪いのであれば、働く側として居心地がいいはずがありませんよね。

 

大きな空間がある病院とは異なり、こじんまりとしたクリニック。

本当に雰囲気は働く上で大事です。

 

私はもちろん、今の美容クリニックに転職する前に下見はしていますよ。

 

私は夜勤看護師を脱出するべく日勤のみの看護師への転職を決意した

私は夜勤のない看護師職はないと思っていました。

でも、調べたらあるんです。私は美容クリニックへの転職をしました。そこでは夜勤がないどころか、給料も少しですがアップしたのです。

もちろん、給料に関しては会社によるので必ず上がるとは言えません。

しかし、日勤の看護師であれば求人は多くあります。

そして、ナースフルであれば、有名なリクナビ系の看護師専門転職サイトなのでハズレはありません。

 

非公開求人も多数持っているので、まずは登録をして相談することをおすすめします。

本当にしんどくなったときは、転職サイトを見る余裕もないです(私が経験済み。笑)

余裕のあるときに登録して、どんな会社、働き先があるのかを見ておくと、いざ!というときにすぐに動けますよ!

 

ナースフル 公式HPへ

 

-未分類

Copyright© 看護師(ナース)の夜勤はきつい・つらいから転職を私は考えた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.